共有持分を確実に売却する方法

一番良いのは不動産全体の売却です

不動産を複数の名義人で共有して所有しているけれども、今後誰も住む予定もなく、賃貸に出すのも煩わしいという場合には、売却するのが望ましいと言えるでしょう。
一般的な不動産のように、不動産会社の仲介によりそのまま売却をしようとしてもなかなかスムーズにはいきません。
共有持分を確実に売却するためにも、その方法を吟味する必要があるのです。

一番良い方法に考えられる事は、他の共有権利者と一緒に不動産全体を売却することです。
この方法であれば不動産の価値を下げることなく売却したり、利用できる可能性が大いに考えられます。
しかし共有権利者の協力が不可欠です。
共有持分を売却したいけれどもなかなかできない人の多くは、他の名義人からの協力が得られない、遺産分割協議がスムーズに進んでいないなどのケースが多いです。
中には話し合いがこじれ負担になっている人もいることでしょう。
だからこそ共有持分の売却は難しいとも言えるのです。

確実に売却するなら業者に依頼するのが一番です


建物全体を売却するためには、他の名義人の協力が不可欠ですが、場合によってはトラブルが発生してこじれていたり、そもそも連絡する術がないというケースも多いことでしょう。
このような場合に共有持分を確実に売却するには、専門の買取業者に依頼するのが一番です。
専用の買取業者に依頼することで、査定通りの金額で買取をしてもらうことができ、ノウハウや実績のある業者との手続きになるため、トラブルが発生する可能性も低く抑えることができます。
スピーディーにすぐに現金化できるのも嬉しい特徴で、他の共有権利者との話し合いやいざこざなどからは全て解放されます。
専門業者に依頼することで、共有持分を持ち続けることで発生するデメリットの回避にもつながります。
一般的な不動産として売却する場合と比べた場合には、売却額が安くなってしまいますが、特殊な事情が強い共有持分に関しては、持ち続けることの方がデメリットになってしまいます。
魅力のある選択肢の1つとも言えるでしょう。

まとめ

このように共有持分を確実に売却する方法は、専門業者に依頼する方法であるとわかりました。
専門業者は共有持分の売却や運用等について、実績やノウハウを持っているはずです。
他のどのような方法よりも確実に売却できる安心感は高いでしょう。
しかし専門業者に依頼したからといって失敗しないわけではありません。
悪徳業者が紛れているのも事実であり、安く買い叩かれてしまう可能性も高いでしょう。
本当に共有持分に精通している業者であるのかなどをしっかりと見極めてから手続きを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です