離婚した際の共有不動産の財産分与はどうするのがベスト?

共有名義のまま離婚すると様々なリスクがある

婚姻中に家を購入するケースは多く、その場合は夫婦の共有不動産にしていることも多くなっています。
婚姻関係が円満に続けば、共有不動産にしていても特に問題はありませんが、何らかの理由で離婚に至る夫婦も少なくありません。
離婚のときは、話し合いや財産分与をすることが一般的ですが、話し合いをきちんとしないまま別れてしまうこともあります。
離婚しているにかかわらず、共有不動産のままにしていると様々なリスクがありますので、放置することは避けて円満な解決につとめることが大事です。
共有名義のままだと自由に売却することもできませんし、いずれかの共有者がローンを滞納すると競売にかけられる可能性もあります。
それに、住宅ローンの契約違反になってしまうことも考えられます。
放置していると、自分達だけではなく子供や孫の代まで影響が出てしまいますので、財産分与をするときも共有名義にならない方法を選びたいものです。

それぞれに合う解決策を選ぼう


共有不動産を離婚時に売却するのであれば、不動産全体を売却することも考えてみましょう。
アンダーローンなら売却益を二人で分配することができます。
不動産を売却しても、残債が残るオーバーローンの場合は、住宅ローンを完済できないので、売却方法も任意売却にするなど限られた方法から選ぶことになります。
不動産を手放すことなく、財産分与をするなら夫婦どちらかの単独名義にして住み続けるという方法もあります。
この場合は、家を所有する方が他方に代償金を支払うという形で財産分与できます。
代償金は分割払いにすることもできますが、支払いが行われないということを避けるためにも公正証書を作成するなどの対策も考えておきたいものです。
住宅ローンが残っている場合は、そのままでは契約違反になりますので、金融機関と相談してローンの内容を変更してもらいましょう。
債権者の合意が得られない場合は、借り換えという選択もあります。
財産分与が難しい場合は、自身の共有持分を売却するということも検討したいところです。

まとめ

婚姻中にマイホームを購入する夫婦は多く存在しますが、離婚した場合は共有不動産をどのように扱うのかでも悩むところです。
共有不動産のまま離婚してしまうと、自由に売却ができない、住宅ローンの契約違反になるなど様々な問題も発生します。
トラブルを避けるためには、共有不動産の状態を解除して、それぞれが納得できる財産分与を選ぶことが大切です。
不動産を売却する、どちらかの単独名義にするなど様々な方法がありますので、それぞれに合う方法で解決していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です