売却する共有持分の不動産に関する意思決定ルール

共有持分がある不動産は売却するのが難しい

共有持分がある不動産を持っているということは、共有名義の不動産を持っていることに該当してきます。
通常の不動産は誰か一人が所有者になっているケースが多いのですが、共有名義の不動産は他の誰かと不動産を共有している状態になります。
そのため不動産を売却したい気持ちを自分が持っていても、他の権利者が認めないと売却できないのです。

意思決定のルールによって共有名義の不動産は、すべて権利者の意思決定が重要になりますから、共有持分を持っている誰か1人でも売りたくないのであれば売却をすることは不可能になります。
意思決定のルールで重要になるのは、自分や一部の権利者だけでなく全体の意思になりますから、先ずは誰が共有持分の権利を持っているのかを調べないといけないです。

実は日本では相続などでかなり多くの人が1つの不動産を共有しているような状況が珍しくないので、こうなるとすべての人の気持ちを聞くだけでも大変なことになると考えられます。

共有持分を売却するのは難しくない


共有名義の不動産を売却をする場合は意思決定のルールで、最初に権利者で話し合いをして売却をすることを全員で決定しないといけないです。
ただ権利者が多くて何処にいるのか分からなかったり、権利者の一部が反対すると意思決定のルールで売却をすることはできません。
そのため売却をするまでにハードルがありますから、揉めてしまうようなケースは珍しくないです。

共有持分だけであれば業者に依頼をすることで、簡単に売却をすることができますから、分からないことがある場合は早めに相談をするといいかもしれません。
共有持分を売却するときは意思決定のルールもありませんし、他の権利者に報告をしたりする必要もないので、すぐに売却をすることができます。

共有不動産で悩んでいるのであれば、共有持分だけでも売却をしてしまえば簡単に悩みを解決することができる筈です。
業者に相談をすることでサポートを受けることができますから、スムーズに売却できると考えられます。

まとめ

共有名義の不動産を売却するような場合は、意思決定のルールがあるので最初に権利者で集まって話し合いをするしかないです。
話し合いで全員が売却することを決めた段階で売ることができますから、誰か反対すれば売却することができません。
共有持分については各自で自由に売却することができますから、意思決定のルールに従うような必要もないです。
業者に相談することで簡単に共有持分を売却することができますから、すぐに悩みを解決することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。