マンションの共有持分を売却するときの注意点

マンションの共有持分だけを売却できるのか

複数人でお金を出し合ってマンションを購入した場合や、複数人で相続をするときは共有名義にすることが多くなっています。
このような場合は、それぞれ共有持分を持つことになります。
マンションはずっと持っておきたい人もいれば、売却で現金を得ることを考える人もいます。
共有名義のマンションを売却するときは、共有者全員が話し合いをし、全員の同意がない売却することはできません。
話し合いが進まない、同意が得られないということで売却をあきらめる人もいます。
全体を売ることは難しくても、自分が持っている共有持分を売ることは可能です。
自分の持分を売ることで、共有名義の煩わしさから解放されることになりますが、注意点もあります。
まず、共有持分だけを購入したい人を見つけるのは困難です。
一般的な不動産業者では、こうした物件を取り扱わないことも多くなっています。
売れた場合でも、かなり安い金額になりますし、将来的に購入者と他の共有者間でトラブルになる可能性は高いといえます。

トラブルなく売却するなら


第三者に共有持分を売却することで、家族や親族との関係を悪化させることは避けたいという人も多いのではないでしょうか。
トラブルを防ぎながら、共有持分を売却するなら自分の持分を他人である第三者ではなく他の共有者に売ることも考えてみましょう。
この方法なら第三者を通さないのでトラブルになる心配も少なくなりますし、他の共有者は持分を増やすことができます。
自分の持分だけを売却するのではなく、やはりマンション全体を売りたいのであれば、単独名義にすることも考えてみましょう。
他の共有者の持分をすべて購入する必要があるので、その資金を準備する必要はあります。
単独名義になれば、相談や同意を求めることなくスムーズに売却を進められるようになります。
共有持分のみを手放したいのであれば、共有不動産の売買に強い専門業者に相談することも検討したいところです。
買取を利用すれば、買い手を探す手間もなくなりますが、相場よりは安くなることがほとんどです。

まとめ

マンションを共有名義にしている場合は、売却がスムーズにできない可能性もあります。
将来マンションを売って現金化したいと考えている人は注意したいところです。
自分の持分だけを売るのなら共有者の同意は必要ありませんが、第三者に売却することでトラブルが発生する可能性もあります。
できるだけトラブルを避けたい、人間関係の悪化を防ぎたいという場合は単独名義にしてから売却するなど、円満な解決ができる方法を選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です